MLB メジャーリーグ物語

海を渡ってMLBで活躍するサムライメジャーリーガーたち

大谷翔平1試合2本塁打、なお1試合7本塁打でも勝てないエンゼルス(笑)

 

昨日の登板で今季10勝目を逃した大谷翔平。最終打席で代打を送られて心配したが、翌日の試合ではスタメンで出場し、2本塁打を含む3安打で元気にプレーした。

 

 

大谷翔平NEWS

 

イチローと並ぶメジャー通算117本塁打

 

エンゼルス大谷翔平投手が4日(日本時間5日)、本拠地アナハイムで行われたアスレチックス戦に「2番・DH」で出場。

 

初回の第1打席で4試合ぶりの23号本塁打、7回2死からの第4打席でライトスタンドに24号本塁打と1試合2本塁打を放った。

 

 

 

1試合2本塁打は今季5試合目。これでメジャー通算本塁打数は、イチローに並ぶ日本選手2位の117本となった。

 

第1打席の23号は、打球速度105.7マイル(約170.1キロ)、打球飛距離403フィート(約122.8メートル)、打球角度26度だった。

 

 

大谷は、第3打席でもセンター前に安打をマーク。そして第4打席、7回2死、左腕カービー・スニードのフロントドアのスライダーはボール球に見えたが、狙いすましたかのようにライトスタンドに運んだ。

 

なお、エンゼルスは今日も負け

 

エンゼルスもほかの選手がメジャータイ記録となるソロ7本塁打と打ちまくったが、7対8でまさかの敗戦。1試合7本塁打は球団記録。

 

1試合7本塁打で負けたのはメジャー6度目という珍しい記録らしい。

 

 

地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のマイク・ディジョバンナ記者は「7本塁打した試合で敗者になるのは困難であり、ほぼ不可能だ」と呆れたようなコメント。

 

ニューヨーク・ポスト紙も「チームが7発打てば普通なら(試合に)勝利すると想定するものだ。エンゼルスはどういうわけか負けた」と信じられないようだった。

 

野球は投手力を含む守備力が勝利を決めるポイント。ホームランはファン受けするが、勝利の原動力にはならない。

 

今さら言うことでもないが、投手陣の踏ん張りこそがこのチームを救うポイントだろう。このチームのオーナーやフロントスタッフはそれが分かっていないのか?

 

大金を投資した選手に長い夏季休暇を与えて、挙句は損切りのように放出した選手もいる。

 

補強が下手。だから、いつまでたってもBクラスのチームにとどまっている。まずは、腕利きのゼネラルマネージャーを引き抜いてくることだ。それが、このチームの復権の早道のような気がする。

 

今季の大谷翔平スタッツ

 

大谷翔平のここまでのスタッツを確認しておきたい。何度も書いたが、今季は「投手」としての大谷に注目するシーズンだ。

 

【投手】

18試合に先発。105イニングで規定投球回数クリア。9勝7敗(3連敗中)、防御率2.83(AL8位)、WHIP1.04(AL6位)、奪三振152(AL4位)、奪三振率13.03(AL1位)、被打率.215、QS率55.6。

 

【打者】

102試合、380打数98安打、打率.258、本塁打24(AL5位T)、打点64(AL7位T)、盗塁7、四球52(AL9位)、出塁率.352、長打率.508、OPS.859(AL9位)。

 

古い考え方かもしれないが、打撃スタッツでは安打数を増やして打率をせめて.270以上にして欲しい。といっても本塁打30本以上はまずクリアしたい。

 

投手部門では「サイ・ヤング賞」のノミネートで5位以内に入りたい。たとえ受賞できなくともそういう評価は大切だ。