MLB メジャーリーグ物語

海を渡ってMLBで活躍する日本人メジャーリーガーたち

大谷翔平 メジャー通算日本人最多の176号本塁打!「新たな歴史を開拓」

 

 ドジャース大谷翔平が日本時間22日、本拠地でのメッツ戦で8試合ぶりにホームランを放ち、メジャーリーグ通算の本塁打数を176本として、日本選手の最多記録を更新した。

 

大谷翔平NEWS  

 



大谷翔平が“ゴジラ”を超える

 

 大谷は「2番・DH」でスタメン出場。第1打席は変化球にタイミングを外されて空振り三振。

 

 メッツの先発は右腕のエイドリアン・ハウザー。多くのファンが待ち望んだ ゴジラ超えの一発が出たのは3回一死一塁だった。

 

 

 

 

 ハウザーの1ストライクからの2球目、真ん中の81・7マイル(約131・5キロ)のスライダーを捉えた。当たった瞬間に確信歩き。

 

 打球角度30度、打球初速度110マイル(約177キロ)の豪快なアーチをカリフォルニアの青空に打ち上げた。飛距離423フィート(約128.9メートル)だった。

 

 

 

 大谷の今季第5号は、今月12日の試合で175本目を打って以来、8試合ぶりの本塁打で、メジャー通算の数を176本とし松井秀喜氏を抜いて日本選手の最多記録を更新した。

 

 ドジャースファンは総立ち、相手のライトは一歩も動かなかった完璧なショットだった。

 

 ドジャースタジアムの電光掲示板には「176」の数字が表示され、大谷選手を祝福した。

 

 MLB公式サイトは「大谷が松井を抜いて日本生まれのMLB選手で最多本塁打となった」と速報した。

 

 大谷は「早く打ちたいと思っていたので、まず打てて安心と喜びとどっちもあるかな」。試合直後、現地放送局のインタビューに答えた。チームが連敗を止めたこともあり、安堵の表情を浮かべていた。

 

 ドジャースで5本目のホームランとなり、野茂英雄氏を抜いて日本生まれの選手では沖縄生まれのロバーツ監督の7本について2位になったが、この記録を抜くのは時間の問題だろう。

 

 

 

 

 ロバーツ監督は大谷選手のホームランについて「彼は『次は私の番だ』と言ってきた」と大谷選手とのやり取りを明かし、笑顔を見せたという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カブス今永昇太、メジャー初被弾も無傷の3勝目

 

 カブスの今永昇太投手がマーリンズとのダブルヘッダー第2戦に先発。6イニング92球を投げ、奪三振5、被安打5、失点3(自責2)での品選手トップの3勝目(0敗)を挙げた。

 

MLB2024 GAMEDAY

 

 

 今永は今季4試合目の先発登板。開幕からの連続自責点ゼロは18.2イニングで途切れたが、3回まで1安打無失点の好投。

 

 

 

 

 しかし4回、味方のミスも絡み2失点。ついに自責1が付いた。そして6回、ジョシュ・ベルにカウント2-1からの4球目4シームを左中間スタンドへメジャー初被弾となる3号ソロを打たれ3点目を失った。

 

 それでも6回、味方打線が4点を奪い5-3と逆転。7回以降をブルペン陣が無失点に抑え3勝目を手にした。

 

 これで今季の成績は、4試合21.1イニングで3勝0敗、防御率0.84、WHIP0.75、奪三振21、被打率1.75、奪三振率(K/9)8.86。QS(クオリティ・スタート)2試合。

 

 

 今永の好投でマーリンズとのダブルヘッダーは1勝1敗。カブスは13勝8敗でNL中地区2位。首位のブリュワーズとは1.0ゲーム差に迫っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大谷翔平3安打もド軍は完封負け 明日は山本由伸が先発予定

 ドジャース大谷翔平は日本時間18日、ホームでのナショナルズ戦GAME3に「2番・DH」でスタメン出場。

 

MLB2024 GAMEDAY

 

 

 大谷ファン期待の日本選手最多のメジャー通算176号本目の本塁打は5試合続けて出ず、試合も0対2の完封負けで2カード連続の負け越しになった。

 

 大谷は3安打、1盗塁で今季3度目の1試合3安打を記録。1回裏一死走者なしの第1打席でライトへのヒット。これで17試合連続出塁。打球の速度は107.9マイル(約173キロ)という強烈な一打だった。

 

 3回の第2打席はレフトフライに倒れたが、6回裏先頭の第3打席ではライトへヒット。

 

 

 

 8回裏二死走者なしの第4打席ではセンターへヒットを放ち、今季3度目の1試合3安打をマークするとともに、今季4個目の盗塁にも成功。なんとか味方打線のつながりに期待したが、この日はドジャース打線が5安打に封じ込められて完封負けを喫した。

 

 ただし、大谷は4打数3安打1盗塁で、打率を.360、出塁率を.400、OPSを1.040にしている。

 

 1試合3安打で打率とOPSでリーグ5位タイ。ヒット数、二塁打はリーグトップ。本塁打が出ていないことや得点圏での打率が1割にも満たない0.53と苦戦していることなどもあるが、確率は選手の実力通りに収束していくものなので、今後の大爆発に期待できそうだ。


 打者に専念する1年なので、まずは30本塁30盗塁の「30-30」は早い段階でクリアして「40-40」を目指してほしい。


 ドジャースは26歳の新人右腕ランドン・ナックがメジャー初登板。5イニングを被安打4、失点2の好投だった。打線の援護がなく敗戦投手となったが、明かるい材料だろう。

 

 

 

 

 

 まだまだシーズンの序盤だが、NL東地区はパドレスが3カード連続の勝ち越しで首位ドジャースに1ゲーム差に迫ってきた。

 

 明日からはホームでメッツとの3連戦。そのGAME1は山本由伸が先発する予定だ。