MLB メジャーリーグ物語

海を渡ってMLBで活躍するサムライメジャーリーガーたち

【MLB移籍情報】ロックアウト前の球団別契約状況 PART3

昨年の12月に紹介した記事だが、ロックアウト・デッドライン前のラスト3日間に成立した契約状況を球団別に整理してみた。

 

 

MLB移籍/契約情報

 

第3弾はアメリカン・リーグ(AL)西部地区CBSスポーツでも各球団の補強状況をA~Fでランキング付けしていたのでそれも併せて紹介した。

 

ロックアウト前に動きの鈍かったヤンキースは「サイレントヤンキース」と評価され、最低グレードの「F」だった。

 

ロックアウト直前(11/29・30,12/1)に決まった契約

 

ロックアウト直前の数日間で、タイガースがハビアー・バイエズと長期契約を結んだ。レンジャーズもコーリー・シーガーと大型契約するなど駆け込み契約が目立った。

 

 

 AL West 

 

アストロズ

ヘクター・ネリス 2年契約

マイナー契約1件。

CBSスポーツの評価:B

 

 

▼アスレチックス

チャド・ピンダー 年俸調停を回避し、1年契約

トニー・ケンプ 年俸調停を回避し、1年契約

デオリス・ゲラ 年俸調停を回避し、1年契約

CBSスポーツの評価:B

 

 

マリナーズ

ロビー・レイ 5年契約が成立

アンドレス・ムニョス 4年契約

ケイシー・サドラー 年俸調停を回避し、1年契約

CBSスポーツの評価:B

 

 

エンゼルス

ライセル・イグレシアス 4年契約が成立

マイケル・ローレンゼン 1年契約が成立

アーロン・ループ 2年契約

サム・セルマン 4年契約

ライセル・イグレシアス 4年契約

CBSスポーツの評価:B

 

 

▼レンジャーズ

コーリー・シーガー 10年契約が成立

マーカス・セミエン 7年契約が成立

ジョン・グレイ 4年契約が成立

コール・カルフーン 1年契約、2023年は球団オプション

4件のマイナー契約

CBSスポーツの評価:A

 

 

レンジャーズが目立った補強

この地区ではレンジャーズが活発に動いた。

 

レンジャーズは、この冬のスター遊撃手5人のうち、コーリー・シーガー、マーカス・セミエンとサイン。ほかにも先発右腕のジョン・グレイ、外野手(右翼)にコール・カルフーンを追加した。

 

当然、評価はAランクだが、個人の感想としてシーガーとセミエンのどちらか1人にして、その予算で右翼に鈴木誠也を獲得して欲しかったが、時間の制限もあり、選ぶのは鈴木自身の問題なので、どうにもできなかったのだろう。

 

カルフーンもガッツあふれるプレーは何度も見てきたが、ボールがバットに当たらない打者なので、鈴木の方がトータルで考えれば上だろう。

 

 

マリナーズも魅力的な補強

策士ジェリー・ディポートGMが今季行った補強は、サイヤング賞を受賞したロビー・レイ投手力の強化。パドレスとのトレードでユーティリティプレイヤーアダム・フレイジャーを追加。そして最後に、リリーフのアンドレス・ムニョスの契約延長に署名した。

 

ロビー・レイが今後5年間、2021年シーズンのような成績を出せるのかは疑問だが、フレイジャーの追加は大きな戦力アップだろう。

 

エンゼルスは今後のトレードに期待

エンゼルスのペリー・ミナシアンGMは、ノア・シンダーガードマイケル・ローレンゼンなど意外性のある補強を行った。シンダーガードはトーミー・ジョン手術からの回復途上で、大谷翔平並みに球威が復活するかは疑問符が付く。威力が戻ったとしても年間160イニングぐらいが精一杯だろう。

 

 

 

ローレンゼンも未知数。先発がダメならブルペンに回すのか、二刀流経験者ということで、マドン監督の起用法も面白そうだ。アーロン・ループブルペンに追加して、コマ数は少ないもののアップグレードに成功したと言える。

 

他には、ヤンキースとのトレードで内外野を守れるタイラー・ウェイドを11月22日に獲得している。

 

おそらく、補強資金も残り少ないので、ロックアウト解除後は、トレードで先発ローテーションとブルペンのアップグレードに期待したい。

 

 

 

▽関連記事

 

【MLB移籍情報】タイガースとハビアー・バイエズが6年総額1億4000万ドルで合意