MLB メジャーリーグ物語

海を渡ってMLBで活躍する日本人メジャーリーガーたち

LA市が「大谷翔平DAY」制定 自身の「メモリアル・デー」に13号2ランの祝砲を放つ

 

 ドジャース大谷翔平選手はホームでのレッズ戦に「2番・DH」でスタメン出場し、3回の第2打席に3試合ぶりのホームランとなる13号2ランホームランを記録した。大谷はこれで打率、本塁打数などでリーグトップに立った。

 

大谷翔平NEWS  

 

 

 

 直接ゲームには関係のない話題だが、ドジャースの本拠地・ロサンゼルス市は、5月17日を「大谷翔平の日」に制定し、大谷は、ロバーツ監督らとともにロサンゼルスの市議会に招かれ「アメリカで最も偉大な野球選手、大谷翔平選手です」と紹介され祝福を受けた。

 

 議場では5月17日を「大谷翔平の日」に制定する市議会の決議文が大谷に手渡されると、大きな拍手に包まれた。議員たちからは大谷に対する称賛や感謝のことばが次々に寄せられ、前の日の試合を見に行ったという議員は、先着4万人に無料で配られた大谷選手の「ボブルヘッド人形」を持参した。

 

 大谷は「きょうこの日を迎えられて、わたし自身本当にうれしいですし、わたしにとってとても特別な瞬間です」と、日本語で感謝のことばを述べた。

 

 大谷が市議会を訪問することは事前に発表されておらず、サプライズでの登場に、議員たちも興奮した様子だったという。

 

 

 

 自身のメモリアル・デーに13号ホームランで祝砲を放った大谷。MLBを代表するような話題性や人気、実力を兼ね備えたスーパースターと言っても過言ではないが、それと共に社会からの信頼も重なって選手としてのブランド価値はますますアップするばかりだ。

 

 大谷はこの日、過去24打数10安打(本塁打4)と相性の良いレッズの先発、フランキー・モンタス投手の外寄りの153キロの速球を逆方向のレフトスタンドに運んだ。この日の大谷は4打数1安打(1本塁打)で2打点の活躍。

 

 今季ここまでの成績は打率.358、本塁打13本、打点32、出塁率.426、長打率.676、OPS1.102。この時点でホームラン・ランキングのリーグトップに浮上した。

 

 ドジャースは1番ムーキー・ベッツ内野手も通算51本目となる先頭打者本塁打をマーク。ベッツと大谷の1・2番コンビの活躍で7対3でレッズとの4連戦GAME2に勝利し、シーズン30勝に到達した。