MLB メジャーリーグ物語

海を渡ってMLBで活躍する日本人メジャーリーガーたち

【MLB契約情報】ウィル・スミスがブレーブスと3年3900万ドルで合意

 

 ジャイアンツからクオリファイング・オファー(QO)を受けたウィル・スミス投手が、QOを拒否してブレーブスと3年3900万ドルで合意した。

 

MLB契約情報

 

 

 ウィル・スミスは契約4年目(2023年)は1300万ドル(バイアウト100万ドル)の球団オプションになっている。

 

 

 

 

 30歳の左腕は2017年3月にトミー・ジョン手術を受けたが、復帰した18年は54試合で防御率2.55(FIP2.05)で6ホールド、14セーブ。

 

 今季は63試合に登板。主にクローザーとして34セーブをマークするなど完全復活を遂げ、夏のオールスターゲームにも初選出されている。奪三振率(K/9)もキャリアハイの13.22、被打率.196、WHIP1.03と安定感のあるマウンドだった。

 

 クオリファイング・オファー(QO)は10人に提示されたが、彼もその一人だった。今季のQO提示額は1780万ドル。

 

 

 ブレーブスはQOを拒否したスミスを獲得したことによりドラフト指名権の一部を失う。

 

 ブレーブスは前年に、ぜいたく税を超えておらず、かつレベニュー・シェアリングも受け取っていないので、この場合は、規定により20年のドラフト2巡目の指名権を失い、同時にインターナショナル・ボーナス・プールの枠分50万ドルも喪失することになる。