MLB メジャーリーグ物語

海を渡ってMLBで活躍する日本人メジャーリーガーたち

大谷翔平、代打で豪快13号3ラン!高めの速球をセンターへ叩き込む!!

エンゼルス大谷翔平投手が18日(日本時間19日)、敵地テキサス州アーリントンでのレンジャーズ戦に代打で出場し、8試合ぶりのアーチとなる13号3ランを叩き込んだ。

 

大谷翔平NEWS

 

 

1点リードの7回1死一、二塁の場面で相手の右腕バトラーが続投するのを見て代打で起用された場面だった。2ボール1ストライクからの4球目、94.5マイルの胸元に来たフォーシームを叩き、バックスクリーン左に叩き込んだ。

 

試合は、11対7でエンゼルスが勝利した。

 

 

大谷の代打での本塁打は、7月8日(同9日)のドジャース戦の7回に7号ソロを放って以来の2本目。これで、70試合中、代打での出場は17試合目。14打数5安打、打率...357と代打でも切り札的存在になっている。

 

メジャー移籍後の通算打撃成績は、打率.268、13本塁打、14二塁打、1三塁打、38打点。打率は下降しているが、出塁率は.346と高く、長打率.521、OPS.866の高い数字を残している。

 

日本人選手のメジャー1年目の本塁打数は、マリナーズ城島健司(2006年)の18本が最多だが、城島は144試合に出場していることを考えると、投手との二刀流で打席数に制限のある大谷の凄さが分かる。

 

ちなみに、メジャー通算175本塁打をマークした松井秀喜の1年目の本塁打数は16本だった。