MLB メジャーリーグ物語

海を渡ってMLBで活躍する日本人メジャーリーガーたち

山羊(マーフィー)の呪い?カブス3連敗!70年ぶりのWS進出に崖っぷち、映画の予言は!?

 

NLCS

 

山羊(マーフィー)の呪い?また、マーフィーに打たれる!

 

5試合連続で6本目の本塁打

 

 

現地20日、シカゴの地元リグレーフィールドに舞台を移したシカゴ・カブスニューヨーク・メッツナ・リーグ・チャンピオンシップ(NLCS)は、メッツが3連勝で王手をかけた。

 

カブスはシリーズ3連敗。1945年以来となるワールドシリーズ進出に向け、後がない状況となった。

 

 

1908年を最後にワールドシリーズ制覇から遠ざかっているカブス。1945年までにワールドチャンピオンに2度、リーグ優勝に10度輝いているが、それ以降は1度もリーグ優勝さえできない状況が続いている。

 

これは、デトロイト・タイガースに敗れた45年のワールドシリーズにおいて、山羊(ヤギ)を連れたファンが球場での観戦を断られたことに端を発する“ヤギの呪い”として有名になっている。

 

そのペットのヤギの名前が、「マーフィー」だった。今回のNLCSでも、その入場を断られたヤギ(マーフィー)と同じ名前を持つメッツのダニエル・マーフィー二塁手が大活躍。

 

マーフィーは、シリーズ初戦から3戦連続でホームラン。前のDSから5戦連続(ポストシーズン・タイ記録)でホームランを放ち、カブスを苦しめている。

 

長年ワールドシリーズの制覇を待ちわびているシカゴのカブスファンからすれば、マーフィーの存在を気にしており、その活躍は非常に嫌な予感がするだろう。

 

しかし、その一方で1989年に公開された大ヒット映画バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2では、2015年にカブスワールドシリーズを優勝するという予言も存在している。

 

奇しくも、その映画の中で主人公マーティ(マイケル・J・フォックス)とドク(クリストファー・ロイド)が、タイム・トラベルで到着したのが現地時間で明日10月21日。その日に、マーティはカブスワールドシリーズ制覇を知ることとなるのだ。

 

現実の世界では、明日に行われる第4戦に敗れるとワールドシリーズ優勝決定どころか、2015年シーズンエンドになってしまう。

 

カブスは今季26本塁打を放った新人のクリス・ブライアント三塁手ポストシーズン5本目となる本塁打をマークしているカイル・シュワーバーら有望な若手選手が多くいるが、大一番の経験が少ない。きっかけを掴めないままにシリーズが終わる可能性も考えられる。

 

映画の予言もあって、カブスがWSに進出すれば、ますます全米の注目がシリーズに集まることになるが、このままでは厳しい状況。次のGAME4は、ジェーソン・ハメルが先発予定。カブスはこれを取れば、GAME5が左腕ジョン・レスター、GAME6がジェーク・アリエッタと続くだけに、なんとか4戦目に期待したい。